ホリスティックセラピストの深呼吸
アロマ&スピリチュアルライフ   ボディ・マインド・スピリットの癒し方♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LOVE or HATE

私がカウンセリングで心がけていること。

クライアントさまが好むオイルと

拒否反応を示すような香り

両方を何本か香っていただく。




どうして?

好きにも意味があるし

嫌いにも理由がある。

好きなものには開放的になるけど

嫌いなものには閉鎖的。




たとえばバラ(愛 信頼 自己を受け入れる)の精油。

ローズオットー, 水蒸気蒸留法により抽出されたオイル使用


濃厚でフローラル調の甘くてソフトな香り。

効用 抗うつ作用。抗炎症作用 鎮静作用

催淫作用 子宮強壮作用 神経強壮作用など


第四のハートのチャクラと第七の王冠のチャクラ

にも働きかけてくれます。


この精油を嗅いでうぇダウンってな表情をする方は

感情のアップ&ダウンがジェットコースターだったり

心の声を無視して体を行使していたり

蓋をして鍵をしてほうっておいてるトラウマがあったり

何らかのことでロースオイルの性格と繋がります。




ブレンドしたオイルを

クライアントさまに気に入って頂いて

ブレンドした精油ちゃんたちが各々の調和を乱さず

ハーモニーを保ちながら働いてくれることが

アロマセラピー。


ローズのオイルに拒否反応を示されても

他の2本の精油とブレンドしその結果

お客様がそのブレンドオイルを気に入ってくれるような

オイルを創ります。クローバー


精油の香りが閉鎖を開放へ導いてくれるはず。



十人十色チューリップ赤で毎回楽しくコンサルテーションさせていただいてます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。